ハイスクール時代に体験したサバゲーで一世一代の胸中

ハイスクール3階級の夏季のとある週末。
私は友達の提言で開催されることになったサバゲーに参加していました。
企業はサバゲー専用の建屋で屋内戦を行うことになりました。
院内には誰の決めなのか「独り者の間の神業の歓喜」が流れていました。
今は2仲間に分かれてそれぞれで方策カンファレンス間だ。
私は隣りにいたクラスメイトに言いました。
「私はサバゲーどころか幸痴やから要望せんとってな。私のムーブメント心が基準下部なのはお前もしってるやんな?」
「はい。分かってる。お前には仕掛けになって買うからOK。気にするな」
何が「気にするな」なのか私には分かりませんでした。
私はただでさえ沈んでいた盛り上がりがいっそう沈み、失望さえしていました。
これまで私はこの手の催し物に何だかんだ難癖をつけてはくぐり抜けてきました。
反則手の内です『金銭のキャパシティー』を使ったことも1度や2度ではありませんでした。
しかし、今回はここまできてしまった以外、ワイルドカードです「賄賂」という戦法が使えません。
私は心構えを決めました。
こうなったらこういうマッチを不条理にしてやる。
それは私の静かな腹づもりでした。キャッシング 休日

ハイスクール時代に体験したサバゲーで一世一代の胸中