古第三紀や新第三紀などについて実習をした

古第三紀や第四紀などについて研究をしました。古第三紀の温かい海には大形有孔虫のカヘイ石が、また古第三紀から新第三紀にかけての汽水には巻き貝のビカリアなどがすんでいました。日本ではビカリアの製造は総じて新第三紀中新世の地層に限られます。ナウマンゾウは、明治時代に日本の地質構図を調査したエドムンド・ナウマンにちなんで命名されました。植物では裸子植物にかわって裸子植物の多能化が進みました。しかし、古第三紀後期(約3000万カテゴリープレ)には寒冷化に転じ、新第三紀前期(1500万カテゴリープレ)以降はちっちゃな移り変わりはありましたが、基本的に寒冷な日和が続き、250万カテゴリープレあたりから氷河ができはじめました。次は、第四紀についてだ。第四紀は新生代の最後の260万年間であり、極寒冷な世の中(氷河)が何度かありました。このようなことを覚えましたが、知らなかったことが本当にあったので知れて良かったですし、時間があるときに復習したいだ。アコム 手続き

古第三紀や新第三紀などについて実習をした

食事をするときは感謝しながらいただきたいと思います

人間の肉食はどれくらい昔から始まったのでしょうか?人間が火の使い方を覚えて肉を焼く食べ方を知ってから人間の肉食が増えたと聞いたこともあります。山火事で犠牲になった鹿などの焼かれた肉を食べてみたところ、思いのほか美味しくて、それをキッカケにして私たち人間の祖先は肉を焼いて食べるのが好きになったとのことです。これがどれくらい前のことなのか判りませんが、何万年前とかそれくらい大昔のことなのだと思います。それから長い時間が経った今も私たち人間は焼いた肉を食べるのが好きなのですから、人間の食に対する嗜好はなかなか変化しないのかも知れません。思い返してみると私たち人間は実にさまざまな動物の肉を食べています。牛や豚、鶏は言うまでもなく、馬や羊の肉も食べています。これら以外にも食用として食べられている動物はいます。これだけいろいろな動物の肉を食べている動物は人間だけなのかも知れません。肉を食べるということは他の動物の命をいただいていることなので、改めて感謝しなければいけないなと私は思っています。

食事をするときは感謝しながらいただきたいと思います